日本応用数理学会 (JSIAM)
「数理的技法による情報セキュリティ」研究部会 (FAIS)

設立趣旨

暗号および暗号に基づく情報セキュリティ技術は,現代のネット 社会では必須機能となっており,その利用は拡大する一方である. このようなシステムに安全上の問題が生じた場合その社会的な損 失は甚大であり,そこで用いられる暗号および暗号応用システム の安全性を検証することは実用上大変重要である.

現在,暗号および暗号応用システムの安全性を検証する方法とし ては,計算量理論に基づく安全性証明手法(計算論的証明手法) が標準的手法として暗号理論において確立している.一方,それ ら安全性を数理的技法(記号論理的証明手法)の立場から捉えた 研究も活発に行なわれてきた.しかし,従来これら二つの手法の 相互関係についてはほとんど研究されていなかった.

最近,この二つの手法の相互関係についての研究が始められるよ うになり,計算論的証明手法の進展(汎用的結合可能性,ゲーム 列による証明手法など)ともあいまって,研究が活性化しつつあ る.例えば,標準的安全性証明(計算論的証明)に対する数理的 技法の有効性(健全性/完全性)などが研究され始めた.これに より,数理的技法が,計算論的証明手法の簡明化・機械化に有効 であることが明らかになりつつある.数理的技法の優れている点 は,証明生成・検証(の一部)を機械化することで,証明のモ ジュール化や透明性が高まることであり,今後さらに増大すると 思われるより複雑な暗号応用システム・プロトコルの安全性証明 の簡明化に貢献することが期待される.

本研究部会は,このような最新動向を踏まえて,数理的技法によ る暗号や暗号応用/情報セキュリティシステムの安全性証明につ いての研究発表/意見交換を行なう場として設立するものである. とくに,従来あまり交流することのなかった暗号研究者と数理的 技法(フォーマルメソッド)研究者が交流/共同研究する場とし ての役割を期待するものである.


FAISホームページにもどる.